体操フェスティバル OSAKA の紹介
大会理念           
人生の彩、生きる感動との出会い
 「体操フェスティバル OSAKA」は、大会に参加する人々や、それを応援する人たちの人生を豊かに彩り、数々の感動と出会う場面になりたいと願って「人生の彩、生きる感動との出会い」を開催の心として、大会のあり方の中心においています。また、大会を通し、次のことを目指しています。
  1. 地球上の全ての生命を大切に考える大会に!
  2. 世代や体操のジャンル、地域や国を越えて人々や体操グループが集い、発表し交流し合う広場に!
  3. 広く人々に体操文化をアピールし、健康活動への関心を高める大会に!
  4. 体操を通して、各地・各国との交流を図る中で、大阪をアピールし、国際理解を深める大会に!

          ▲開会式               ▲オーストラリア・チームの体操演技
 1983年から開催された「体操フェスティバル OSAKA」は、毎年5,000〜6,000人の体操仲間が集う、健康づくりのための「一般体操」の祭典です。グループだけでなく、個人でも参加でき、フェスティバルの当日観客席から参加することもできます。優劣を競い合うのが目的でなく、見て楽しく参加すればさらに楽しい大会です。これまでに、海外から、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ドイツ、オランダ、スイス、オーストラリア、ロシア、エストニア、イスラエル、中国など、約20か国から、1,000人をこえるゲストや体操グループを迎え、体操を通じた国際交流の輪を広げています。