第13回世界体操祭(World Gymnaestrada)
ドーンビルン(オーストリア)大会の参加記録

(2007年7月8日〜14日)

MGLA goes to the 13th World Gymnaestrada in Dornbirn
(July 8 - 14, 2007


プフェンダーから見た
ドーンビルンの風景
Landscape of Dornbirn
  大会テーマ:Come together . be one  (一緒になぁーれ、ひとつになぁーれ)

「第13回世界体操祭(13th World Gymnaestrade)」は、オーストリアの西端に位置するドーンビルンに 世界56カ国から2万3千人の参加者が集まり、盛大に開催されました。
日本からは19チーム750人が参加、その中でもMGLAは一番多い73人が参加し、 バラエティに富んだ15分間の演技を披露、「これぞ一般体操だ!」「構成が素晴らしい!」 と賞賛の声を頂きました。  その上、MGLAは、世界各国から選りすぐりの20チームが出演する「FIGガーラ」に、 日本代表として日本体育大学と共に出場するという、栄誉と責任のある選抜を受けて奮い立ちました。 期待に応えようと、篠笛や太鼓の和風の「いぶき」の調べに乗って練習に練習を重ね、 当日は全員の息の合った体操を熱演して万雷の拍手を浴びたことなど、今回は大変印象深い大会となりました。



*FIGガーラ いぶき
FIG Gala, "IBUKI" by MGLA

*MGLAグループ演技
       MGLA group performances

・一般参加者の演技「ポルカ」             ・MGLAメンバーによる「スコーキオ」




・全員いっしょに「フックト・オン・クラシックス」




*参加者73名のNPO法人MGLAグループ
  MGLA group in the 13th World Gymnaestrada