第14回世界体操祭(World Gymnaestrada)
ローザンヌ(スイス)大会の参加記録

(2011年7月10日〜16日)

MGLA goes to the 14th World Gymnaestrada in Lausanne
(July 10 - 16, 2011)

大会テーマ:Meet the Magic (魔法と出会う)



ローザンヌ大聖堂からの遠望
市街やレマン湖の風景
クラシックバレエのコンクールで有名なスイスのローザンヌで、「第14回世界体操祭」が盛大に開催されました。 世界54カ国から約20,000人の参加者が集り、日本からは16チームが参加しました。
MGLAの40名は、「ハーモニー(調和)」をテーマに「ライジング」、「WAになって踊ろう」、 「恋のアランフェス」、「マイムマイム」の4曲をメドレーで15分の演技を披露しました。 3回の演技は、それぞれ「MGLAらしく」をモットーに、課題を持って、笑顔で臨みました。 スタンドからは大きな拍手がおこり、精一杯の晴れやかな演技にやり終えた満足感を感じました。 ローザンヌはレマン湖畔にある歴史的な建造物の残る街で、旧市街と新しい 街並みが調和する坂のあるステキな街でした。



*開会式
Opening Ceremony


*会場
Gymnaestrada main site


*MGLAグループ演技
Group performances of MGLA







参加者40名のNPO法人MGLAグループ
MGLA group in the 14th World Gymnaestrada